スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「学力の経済学」の中室牧子さんの講演会をシェア②

12月に行われた中室牧子さんの講演会について、メモしたことをシェアします。

===========================

神戸大学の西村和雄特命教授によると、年収に差が出る「4つのしつけ」があるそうです。

1.ルールを守る

2.他人に親切にする

3.勉強する

4.嘘をついてはいけない

このしつけを子どもの頃に全て受けた人と1つも受けていない人では、年収に86万円差が出たとのこと。

この4つのしつけが労働市場の評価を得るのだそうです。

○頭の中のメモ

一緒に働くとしたら、断然この4つのしつけを受けている人と働きたいな。

子どもをしつけるためには、親の方もこの4つを日頃から実践していないと子どもに言えないわけで。

こういうしつけが出来る親は、そもそも労働市場の評価というものをある程度得ている気がします。






4か月でTOEIC495点から735点を取った時の勉強法②

勉強する時間問題


TOEICの勉強をしはじめた時は、本当にバタバタと忙しい時期で、どうやって勉強時間を捻出するかが問題でした。

夜は眠たいし、朝もギリギリまで寝ていたい。
昼は会社の人とおしゃべりしながらご飯を食べるのが日課だし。
どうしよう〜と考えていました。

そんな時、Audibleで「朝1時間勉強法」という本を聴き、「そうだ、朝1時間勉強するだけでも人生が全然違ってくる!」とやる気が出て、それ以来、朝5時に起きて勉強するようになりました。

多分本で読むより、こういうやる気系の本は耳で聴く方が脳に直接働きかける気がします。

朝勉強する代わりに、夜は眠いので夜勉強するのは諦めてスパッと寝ていました。

朝1時間勉強法 (中経の文庫)
山本 憲明
中経出版
売り上げランキング: 146,189

アマゾンの内容紹介より

「働きながら勉強して、キャリアアップしたい」「将来が不安だから、今から資格試験に挑みたい」……だけど「時間がない」。そんな悩みを抱える人にこそマスターしてもらいたいのが“超"効率的な「朝1時間勉強法」です。朝の時間を活用して、インプットとアウトプットのリズムを整えれば、時間の密度が圧倒的に高まります。著者が連戦連勝してきた“標準的な勉強時間"に縛られない必勝法!


こうやって、なんとかして勉強時間を作り、ちょこちょこと学んでいました。


使った問題集


使った問題集はこんな感じです。


TOEICテスト究極のゼミシリーズ(Part3~7)と、公式問題集をやりこみました。


これだけで、かなり問題数があるので、他に浮気する必要ないかも。



【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4
早川 幸治 ヒロ 前田
アルク (2017-01-25)
売り上げランキング: 2,609
 
TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会
売り上げランキング: 34






4か月でTOEIC495点から735点を取った時の勉強法①

TOEICの点数 


点数の推移です。


 2009年→750点くらい(うろ覚え) 

 2016年3月→495点 

 2016年5月→670点 

 2016年7月→735点 

 こんな感じで、7年くらい全く英語の勉強をしなかったら、ものすごく点数が下がってしまったのです。

 だがしかし、勉強をしたら、だんだんと点数が上がってきました。 

 2016年3月から7月まで、どうやって勉強したのか、その時の勉強方法を書いてみます。 

 まず、3月の時に7、8年ぶりにNO勉強でTOEICを受けたら、外人さんが何を言っているのか、英語でなんて書いてあるのか、さっぱりわかりませんでした。 

 これはまずいと一念発起。 

 まずは英単語 


 まず、英単語が全くわからなくなっていたので、評判の良かった「出る単特急 金のフレーズ」で単語を覚えました。 その頃は仕事がちょうど忙しい時期で、勉強時間がなかなか取れませんでした。

 そこで、お風呂の中にこの本を持ち込み、お風呂=英単語を覚える時間にしちゃいました。 

この本は、本当にTOEICの試験に出る単語しか載っていないのが良かったです!

 あとは、著者の TEX加藤さんが単語を時々補足説明してくれるのですが、それがクスッと笑えて。 

TOEICオタクの心をくすぐるのです。 常に本を持ち歩いて、暇さえあれば単語を覚えていました。 まず単語がわからないと話にならないのです。

 
新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
TEX加藤
朝日新聞出版
売り上げランキング: 844

8年間で変わったこと、変わらなかったこと

久しぶりに本のことを書きたくなって、このブログに戻ってきました。

8年間、思い起こせば色々ありました。 

 ○生活のこと 

このブログを書いていた頃からすでにあやしかった夫婦仲。2009年の春頃に離婚して、シングルマザーになりました。 

精神的にも辛くなり、引っ越しもして、慌しくしているうちにブログの更新もやめてしまいました。 

ブログを書いていた頃は小さかった子どもたちも中学生と小学校高学年になりました。

離婚する時も本当に本当に本に助けられました。



 

 ○ TOEICのこと 

2009年以降ずっと勉強しなかったので、7年ぶりに受けたTOEICの点数は、495点でした。 

点数の低さにショックを受けて、勉強した結果735点に。

8年前に取ったのとほぼ同じ点数(#^.^#)

 でも8年前のTOEICより最近のTOEICの方が難しい気がします。





○仕事のこと 

6年ほど女性の多い職場でマーケティングの仕事をし、リーダー的な立場にもなりましたが、あまりに忙しく、心と体が辛くなり退職。

 今のメインの仕事は事務をしていて、結構自由に時間が使えるので、副業で好きなことをしています。

組織の中で働くよりも、個人で働く方が向いているとわかりました。

 ○投資や資産のこと 

このブログを書いていた頃に勉強した事が役立って、お金には全然困っていません。

2013年頃、目標にしていた1,000万円の資産ができました。

 その後はぼちぼち増えているって感じです。

溜め込むより、最近は楽しいことに使っているので\(^o^)/

お金のことで役に立った本は、 











 

この辺りかな。

昔は読まなかったような人の本(斉藤一人さん)とかもよく読むようになりました。

ビジネス書ではないなあ。 

8年前には思ってもみなかった人生だけれど、結構楽しく幸せにしています。

 ここまで読んでくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。