category: 心理  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

信号が青になっても動かない高級車にクラクション鳴らせる? 「影響力の武器」 ロバート・B・チャルディーニ

「ビジネス・ブック・マラソン」の土井英司さんが、いつぞやの日経新聞@土曜日版で「値段が高いけれど、この本を読む人と読まない人では差がつきます。」とおっしゃっていたスゴ本です。マインドマップ的読書感想文のsmoothさんもよくおすすめされていらっしゃいますし、この間読んだ橘玲さんの亜玖夢博士の経済入門の中にもこの本の記述が。もうこれは読むしかないなあ、と買ってみました。「なぜ試食すると、ついその食べ物を買...

  •  0
  •  0

ダニエルピンク推薦・「夜と霧」新版 ヴィクトール・E・フランクル

夜と霧 新版ヴィクトール・E・フランクル (2002/11/06)みすず書房 この商品の詳細を見るこんにちは。今日はダニエルピンク著「ハイコンセプト」の中で、お勧めされていた「夜と霧」をご紹介します。人間とは何か、人の心理とはどうなっているのか、などすごく考えさせられる本です。有名な本だそうです。お恥ずかしいことに私ははじめて知りました。 ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代ダニエル・ピンク (2006/05/0...

  •  0
  •  0

「今日一日のアファメーション」 西尾和美

人間関係で悩んでいたときに出会って、それ以来時々読み返す本です。カレンダー形式で1日1つ自分を肯定する言葉(アファメーション)が書かれています。著者はアメリカの大学で心理学を学び、精神療法家として活躍されていて、この本も本来はアダルトチルドレンの人にむけて書かれた本です。ネットでも毎日違うアファメーションが紹介されていて、見ることができます。こちら。本の中で私が特に気に入っているメッセージを引用し...

  •  0
  •  1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。