category: 経営 ビジネス  1/5

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

「未来学-リスクを回避し、未来を変える考え方」 根本昌彦

あけましておめでとうございます。「未来学-リスクを回避し、未来を変えるための考え方」を読んで、お正月早々未来について思いをはせてみました。<WAVE出版のサイトより>先の見えない21世紀。激変する社会情勢をいち早く読み取り、リスクを回避し成功を手に入れるためのヒントが詰まった未来予測の本。社会科学の枠を越え、総合的な視野とリアルな社会認識に立ち考究したもの。 <内容>○未来学とは何か?○少子高齢化、環...

  •  5
  •  0

「地頭力を鍛える」 細谷功

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」(2007/12/07)細谷 功商品詳細を見る学校で受けた教育と自分の数学的思考のなさから、「1つの正しい解答」についついこだわってしまいます。しかしそれは大間違いで、「答えはひとつではないし、問題解決プロセスはいくつもある。そこを自分で考える力こそが大切なのだ」と痛感させられる本。目次第1章 「地頭力」とは何か第2章 「フェルミ推定」とは何か第3章 フェルミ推定...

  •  2
  •  0

「交渉学入門 その2」 田村次朗・一色正彦・隅田浩司

交渉学入門(2007/11)田村 次朗隅田 浩司商品詳細を見る昨日に引き続き「交渉学入門」について。目次第1部 交渉上手になろう UNIT1 プロのネゴシエーターはこうしている UNIT2 ロジカルに交渉する UNIT3 準備する第2部 交渉をマネジメントする UNIT1 協議事項(Agenda)が大切 UNIT2 相互理解と質問 UNIT3 局面打開のための方法論第3部 最良の合意を形成する UNIT1 クリエイティブ・オプション(創造的...

  •  0
  •  0

「交渉学入門」 田村次朗・一色正彦・隅田浩司

交渉学入門(2007/11)田村 次朗隅田 浩司商品詳細を見る(日本経済新聞出版社HPより)論理的思考法から交渉準備、オープニング、局面打開、クロージングまで、交渉学のすべてが図解でわかる入門書《2色刷》。ビジネスにまつわる豊富なケーススタディーで楽しく交渉学のエッセンスが身につきます。 タイトルどおり交渉学の入門書で、小説仕立てになっているため読みやすい本。主人公は入社3年目の田崎さんです。最初はてんでだめ...

  •  0
  •  0

「ビジネス社会で女性が成功する9つの条件―優等生には限界がある」 ケイト・ホワイト

ビジネス社会で女性が成功する9つの条件―優等生には限界がある(1999/03)ケイト ホワイト商品詳細を見るビジネス社会で女性がうまくいくためには何が必要か?というテーマの本。頻出単語が「ガッツ」で、ほんのりレトロな香りがします。女性が「よいこ」でいる限り、ビジネスの社会ではうまくいかないよ、ってな内容です。「愛され系」なんてクソ食らえみたいな本で、私こういうの好きです。目次第1章  「良い子」の神話第2章 ...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。