スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています、の秘密 「その数字が戦略を決める」 イアン・エアーズ

その数学が戦略を決めるその数学が戦略を決める
(2007/11/29)
イアン・エアーズ

商品詳細を見る


おはようございます、あやです。
Amazon.co.jpさんにすすめられるまま、こちらの商品を買いました。

読んでみたところ、考えてみたこともない新しい世界が広がっていました。
十分な数のデータをもとに計算して物事の関係を導き出す「絶対計算」についてのお話です。

Amazonの「この商品を買ったひとはこんな商品を買っています」の欄は私もよく利用しています。この本も大当たりでした。

絶対計算を用いた様々な戦略が、Amazon以外にも身近なところで使われているとか・・・。
自分のことは自分よりもコンピューターの方が知っている、そんな時代がきているようです。

(出版社の内容紹介より)

未来のワインの値段を決め、症状から病気を予測し、最適の結婚相手まで決める「絶対計算」とは? 一兆のデータが生む新世界秩序!

一見まったく違う要素の相関関係を計算していくことで、直感ではわからなかった意外な事実が浮上してきます。クレジットカード返済率と、そのひとが車で事故を起こす確率。買い物履歴と離婚率。ぶどうを収穫した年の降雨量と、そのワインが出荷された時の値段。技術革新が兆単位(テラバイト)のデータの集積を容易にした今、「絶対計算」は、医者、政治家、評論家などの専門家をおしのけて問題を解決していっています。
著者は、自ら「絶対計算」を駆使して政府の政策の有効性などを調査しているエール大学の教授。文系にもわかる「知的大興奮の書」登場です。



目次

序章  絶対計算者たちの台頭
第1章 あなたに変わって考えてくれるのは?
第2章 コイン投げで独自データを作ろう
第3章 確率に頼る政府
第4章 医師は「根拠に基づく医療」にどう対応すべきか
第5章 専門家vs.絶対計算
第6章 なぜいま絶対計算の波が起こっているのか?
第7章 それってこわくない?
第8章 直感と専門性の未来


内容

○絶対計算を使うと自分自身より自分のことをよく知っているデータができるし、専門家よりも精度の高い予測ができる。

○絶対計算を使った出会い系マッチング→eHarmonyという出会い系のサイトでは、まず自分の情報を入力し、どんな人かを調べ、データ的にそれにもっともマッチする人を紹介する。回帰分析の手法を使って、嗜好を予測する法則まで作っている。相性予測の考え方は出会い系の会社によって異なり、eHarmonyの場合は似たもの同士をマッチングさせる。

○絶対計算を使うと、本のベストセラーまである程度予測できる→ベストセラーのデータをとって、どのようなタイトル、どういった内容がベストセラーになりやすいか予測ができる。確率は7割ほどだそうですが。出版業界の一部は「ノンフィクション出版で何が成功するか」についてデータを取り始めている。

「ダイレクト・インストラクション」→絶対計算の結果を基にした、非常に効率の高い教育方法。読み書き能力が平均以下の生徒には特に有効な手法。教師が創意工夫する余地は一切なく、マニュアルどおりに教える教育法のため、教育界からは賛否両論。

○絶対計算の恐ろしさ→前提となる計算が間違っていたら結果が異なる、プライバシーの問題、人間のマニュアル化・創意工夫の低下

○一般人も統計や数学の知識が必要になってくる。特に平均値と標準偏差の考え方は必須。

感想

訳者さんのあとがきによると、日本には個人情報保護法やデータの目的外使用の禁止といった規制があるので、アメリカよりはるかに絶対計算への抵抗感があるようです。

確かに知らないところでいろいろなデータを取られて、気づかぬうちにそれを使われていると思うと、ぞっとする気持ちもあります。

しかし、うまくつかえば企業にも消費者にも恩恵をもたらすのでは。

データがあれば専門家はいらなくなるよ、ってな話ばかりではなくデータと専門家の共存がテーマの本でもあります。

絶対計算に基づくデータとお医者さんの診断、両方使えば誤診も少なくなるかもしれませんよね。

頭の中のメモ

例えばこちらのような

ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]
(2007/04/27)
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー

商品詳細を見る


亜玖夢博士の経済入門亜玖夢博士の経済入門
(2007/11/28)
橘 玲

商品詳細を見る


表紙が黒い本って、ちょっと世間を違った視点で眺めるものが多いのでしょうかね。

本の表紙もデータに基づいて作られてるのかなあ。


いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。