スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本読みのテキスト・「本を読む本」 M・Jアドラー C・Vド-レン

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10)
モーティマー・J. アドラーC.V. ドーレン

商品詳細を見る

おはようございます、あやです。

「本を読む本」一度読み終わりました。でも全然よくわかっていないので、きっと何度も読み込まないとわからないことでしょう。かたいです。ええ、非常~にかたい。

「本を読む本」がどんな本かというと、

これは「本を読む人」のための本である。「これから本を読みたい人」のための本でもある。つまり、「読む」ことによって知識を得、理解を深め、すぐれた読書家になりたいと思う人のための本である。



本読みさんのための本ってことです。

目次

第一部 読書の意味
第二部 分析読書-読書の第三レベル
第三部 文学の読み方
第四部 読書の最終目標


内容

○読書には四つのレベルがある

第一レベル-初級読書
第二レベル-点検読書
第三レベル-分析読書
第四レベル-シントピカル読書

○本を分類する→いま読んでいるのがどんな種類の本かを知らねばならない。読み始める前に本の種類を知るのが一番よい。書名、サブタイトル、目次、序文やまえがき、索引に目を通す。

○実践的な本と理論的な本を見分けるこつ→実践的な本は「べきである」「当然である」「よい」「わるい」「目的」「手段」などの言葉が頻繁に出てくる。対して、理論的な本は「-である」とだけ言いつづける。あることが真実かどうかを示す。

○良い本は読者にとって難解である。むずかしいくらいの本でなければ、読者にとって良い本とはいえない。

○本を正しく批評する→「反論や反芻のための読書はやめることだ。本をうのみにすることもよくない。話のタネにしようとして読むのも感心しない。大切なのは吟味し熟考することだ。」

○同一主題について二冊以上の本を読むことが大切。

感想

大学の授業に出ているのかと錯覚しそうな程の、久々に真面目な本を読みました。

自分で考えるために人は読書をするのですね。

多分、きっとそうです。

ちょっと自分には無理目な本を読むのがよいそうです。

簡単な本を買っても、もっと理解したくなってまた違うものを買います。

とすると、最初から難しそうな本を選ぶほうが時間とお金の得になるのかもしれません。


いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ













- 2 Comments

トニー  

謹賀新年

新年、明けまして、あめでとうございまするー!!

本年も、よろしくお願い申し上げます。

あやさんのご多幸をお祈りいたします。

いやはや~

新年早々、渋いところをつかれましたなぁ~

トニーも、本は好きなのですが、

基本的に、理屈抜きにぃ、読みたい本を読みたいように読む派なんです。

でもねぇ…

時々、難しめの本、読みたくなりますよぉ。

「正法眼蔵」とか。

道元の仏教書なんですが…

何度も、挫折してまぁ~す。

2008/01/02 (Wed) 18:33 | EDIT | REPLY |   

あや  

あけましておめでとうございます。

トニーさん、どうぞ今年もよろしくお願いします!

評判を聞いて買ってみたのですが、非常に渋い本でした。

どうやら楽しみのためと学びのための読書の2種類があるのでしょうかね。

私はいっつも簡単なものばかり読んでいたので、ちょっと難しいものも読みたい気分です。

「正法眼蔵」ははじめて知りました。おお、難しそう。

自己啓発をつきつめると宗教の教えにたどりつくのかな、と最近感じます。

2008/01/02 (Wed) 19:44 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。