スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第1感-「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい-」 マルコム・グラッドウェル

第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
(2006/02/23)
M・グラッドウェル

商品詳細を見る

おはようございます、あやです。

勝間和代さんがよくおすすめされている「第1感」を読んでみました。原題は「blink」です。

(光文社HPより)

原題は『blink』、つまり、まばたき。まばたきする程度の一瞬に、人間はあらゆることを判断している。「長時間考え抜いて出した結論より、最初の直感のほうが正しかった」ということは誰にでも経験がある。人間の直感的な判断はどのようになされているのか。そして、ある種の人々がそういった判断力に優れているのはなぜなのか。その仕組みを、最新の心理学研究の成果、社会的事件やトレンドからの豊富な事例を元に考察する。
原書は米国では52週連続ベストセラーリスト入り。



心理学の実験に関する話をジャーナリストが書いたものです。
話題があちこちに飛ぶので、ちょっと散漫だなあ、という印象もあり。翻訳物だからかもしれません。
とはいえ、「これは知らなかった!」という話が多く、実験好きな私にはなかなか読み応えがありました。

目次

第1章 「輪切り」の力―ちょっと情報で本質をつかむ
第2章 無意識の扉の奥―理由はわからない、でも「感じる」
第3章 見た目の罠―第一印象は経験と環境から生まれる
第4章 瞬時の判断力―論理的思考が洞察力を損なう
第5章 プロの勘と大衆の反応―無意識の選択は説明できない
第6章 心を読む力―無意識を訓練する


内容

○夫婦喧嘩の様子を撮ったビデオを15分見ただけで、その夫婦の15年後が90%の確率でわかる。→会話中に表れる感情を解析する。軽蔑の感情があらわれている夫婦は要注意。

○長い時間つきあうよりも部屋を見る方がその人物を理解できる。

○40秒会話を聞くだけで、「訴えられやすい医者」と「そうでない医者」の区別がつけられる。

○瞬時の判断が大きな間違いであることも。→警官が銃を持っていると勘違いして、間違って人を殺してしまった事件。

○人は時間がないと先入観に引きずられる

○著者さんはアフロヘアにしたとたん、やけにスピード違反で捕まるようになった。→人はよくも悪くも見た目で判断されやすい。

感想

ひらめきが正しい答えを導くこともあれば、間違っていることもある・・・そんなお話です。

夫婦喧嘩のビデオを15分間みただけで、今後夫婦がうまくいくかどうかがわかるなんて驚きですね。軽蔑という感情は嫌悪に近く、これが出てくるとかなり危険信号だそうです。

んがっぐぐですね。

そういえば友人は、靴下で人を判断する、と豪語していました。
おしゃれさんは靴下もおしゃれだそうです。穴があいてるのとへんてこな色のは言語道断だそうです。「靴下は女の命やで~。」とさかさまにはいているのを私よく注意されました。

私は何で判断してしまうかしら、そうですねぇ。
靴脱ぐときにちゃんとそろえるかどうか、なんてのは見ているかも。
なかなか怖いですな。


いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ










- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。