スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外貨投資が詳しくわかる・「内藤忍の資産設計塾 外貨投資編」 内藤忍

内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法
(2007/06/21)
内藤 忍

商品詳細を見る

おはようございます、あやです。

今日ご紹介するのは、マネックスの内藤忍さんが書かれた「資産設計塾 外貨投資編」です。外貨に投資しているものの、適当なのでいっちょ詳しく勉強しようと思い読みました。

外国株式インデックスファンドなどの易しい事柄から、難し目の債券・外為の話も書いてあり、「外国に投資してみようかな。」さんから「もうすでに外国に投資してるよ。」さんまで幅広く満足できそうな内容です。

内藤さんの本にしてはマネックス色の少ない(笑)良書です。

ぽやんとしている間にさまざまな外貨商品(ETFなど)が出てきているので、お勉強しないといけないですね。

目次

第1章 外貨投資の基本戦略
第2章 外国株式投資
第3章 外国債券投資
第4章 外国為替保証金取引
第5章 その他の外貨建て商品
第6章 外貨商品活用のポイント 為替の世界を知る


内容

○資産を6つに分類しよう→
1、日本債券 2、日本株式 3、外国債券 4、外国株式 5、流動性資産 6、その他

○外貨商品の為替ヘッジはいらんわい

○外国株式インデックスとはそもそも何ぞや?

○諸外国の基礎的なファンダメンタルズ

○個別株式、ETF、DRへの投資の仕方

○オルタナティブ投資(コモディティ、不動産など)はスパイスよ。

感想

投資関係のまっとうな本を読むと、ものすごくうきうきします。

「おっ、きたね~。」と本能が喜ぶのです。この本もそんな1冊です。

投資ってすごく面白いです。

しょぼい金額ながら自分のお金が世界の経済と関わっているのだなあ、と思うと。

それにしても外為がいまいちよくわかりません。

木村剛さんの投資戦略の発想法 2008 の中にもFXについての話が書いてあったので、今年の投資関係の目標はFXの仕組みを理解する、にしたいと思います。

びびりなのでFXって恐ろしいイメージがあるのです。レバレッジ1倍にしたらよいのかな。ちょっと調べてみないと。

いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

- 2 Comments

JIRO@ブログDE読書日記  

No title

ちょっと遅くなりましたが...
あけましておめでとうございます。

実は私も昨年に2008年初めから
FXをやろうと考えていたのですが、
FX本を1冊読んでみてめんどくさくなって、
結局投資信託(外国債券のインデックスタイプ)を
月々買うことにしました。

まだちょっとFXに未練があるので
FX関連で良い本があれば
教えてくださいね。

それでは今年もちょくちょく
訪問させていただきます。

2008/01/05 (Sat) 18:08 | REPLY |   

あや  

JIROさん

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

FX、私も仕組みがよくわかりません。
わからないものに手を出してはいけないと思うので、また何かよさそうな本があったら読んでみます。

投資をはじめられたのですね。
毎月積み立てだとラクチンですよね。


2008/01/07 (Mon) 09:11 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。