スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代前半までのキャリアについて考えている人はぜひ・「会社は2年で辞めていい」 山崎元

会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)
(2007/11)
山崎 元

商品詳細を見る

12回転職経験がおありの経済評論家、山崎元さんが書かれた、若い人向けのキャリア形成についての本です。

評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」:「会社は2年で辞めていい」が出ました

そもそも大卒で、まずまずの会社に就職できるような、割合恵まれた人を対象に書いているのではないか、ある程度仕事向きの能力のある人が対象で、それ以外の人に対するアドバイスが乏しいのではないか、というような批判もあり得るだろう。



とブログで書かれているように、一定の能力がある方向けの内容でした。しかしキャリア形成は誰にとっても必要ですし、どんな方が読んでも損はないかと思います。山崎さんご自身の主観的な目線と経済的に見た客観的な目線と2つの視点からキャリアについて書かれていて、なるほど~と感じるところが多かったです。

目次

第1章 今の時代を働く考え方
第2章 人材価値のセルフマネジメント
第3章 会社の捨て方・選び方
第4章 女性のためのキャリア戦略
第5章 転職の実際
第6章 私の転職を振り返る


内容

○稼ぎ方で見る4つの階級→「エクイティー(株式)階級」「ボーナス階級」「サラリー階級」「フリーター階級」 階級間の移動は簡単ではないが、意識的に行動すれば可能。

○時間・自由・お金の交換可能法則→3つは緩やかに交換可能。ここを意識する。

○ビジネスパーソンの勉強法→いくつか抜粋。
・商売上の「差」を直接的につくれるのは、専門雑誌(多くは英文)に載る論文をフォローできるレベルの知識。
・ニュースや情報・知識は上下左右から多角的に見ることを心がける。上下は専門家向けと初心者向け。左右は、朝日と産経のようなものの見方の違い。

○「学歴ロンダリング」よりもビジネス界で気にされるのは「入学した大学」。地頭のよさを見る。社会人のMBAや資格取得(医師などの大型資格以外)は現実逃避しているとみなされることもある。仕事のスキルと経験こそが人材価値を作る。

○女性の会社選び、出産時期の選択

○成功する転職の五条件

○退職手続き七点チェック

感想

学生時代に読みたかった!けれどあほ学生だったので、もし目の前にあっても当時は読まなかったでしょう。時がたってわかることもありますね。

「資格」「社会人大学院」などが好きな夢見がちさん(私筆頭)を現実に引き戻してくれる本です。

過去にうまくいかなかったことは挽回したいですし、挽回すればきっとその先に薔薇色の未来が・・・と考えてしまいがちです。リアルな仕事でしか使えるキャリアは身につかないようです。

もちろん資格や大学院で未来が開けた方もいらっしゃると思うので、その辺はいろいろな考え方があると思います。意欲があると思われるか現実逃避と思われるかは、紙一重ってことなのでしょう。

山崎さんはリアリストさんです。そんなところに惹かれます。

私はこの2年で英語を何とかしよう、とますます強く決意しました。専門知識+英語は必須な予感。

日本がだめになったら出稼ぎにもいけるし。

はっ、これも逃避か。
僕はこうやって11回転職に成功した僕はこうやって11回転職に成功した
(2002/05/28)
山崎 元

商品詳細を見る


も読んでおくと山一證券時代の話でしんみりできます。

いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

- 2 Comments

トニー  

今更な感じもしますが…

この本、28歳のトニーが読むには、
今更な感じもしないわけではありませぬが…

あやさんのレビューを読ませていただいて、
読んでみたくなりました。

ちょっと、考え方のヒント…みたいなものが、得られるかも。

この著者の本、トニー好みでもありますし…

ちなみに、さきほど28歳と書きましたが、

さばよみ年齢です…一応、ご存知かとは思いましたが。。。

2008/01/07 (Mon) 23:01 | EDIT | REPLY |   

あや  

トニーさん

おはようございます!

うふふ。著者さんも年齢は一応想定しただけであって、いろんな方に読んでもらいたい、と書かれていたので、ぜひ。

物の見方や情報の取り入れ方が参考になりました。
いろいろな角度から物を見るヒントが得られましたよ☆

2008/01/08 (Tue) 09:29 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。