スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地頭力を鍛える」 細谷功

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る


学校で受けた教育と自分の数学的思考のなさから、「1つの正しい解答」についついこだわってしまいます。しかしそれは大間違いで、「答えはひとつではないし、問題解決プロセスはいくつもある。そこを自分で考える力こそが大切なのだ」と痛感させられる本。

目次

第1章 「地頭力」とは何か
第2章 「フェルミ推定」とは何か
第3章 フェルミ推定でどうやって地頭力を鍛えるか
第4章 フェルミ推定をビジネスにどう応用するか
第5章 「結論から考える」仮説思考力
第6章 「全体から考える」フレームワーク思考力
第7章 「単純に考える」抽象化思考力
第8章 地頭力のベース
第9章 さらに地頭力を鍛えるために


「あの人頭いいよね~。」となんとなく使いがちな「頭のよさ」を、ロジカルに図を用いて解説されています。

著者さんによると、「頭がいい」には3種類あるそうです。
・物知りタイプ
・機転が利くタイプ
・考える力が高いタイプ(地頭がよい)

なるほど。学校の成績がよいのは物知りタイプかもしれません。
実際に使えるのは考える力が高いタイプなのかな。3タイプ全て揃っている人もうようよお見受けできるような。そういう人が賢いのですね。

地頭力をよくする1つのツールとしてフェルミ推定が紹介されています。

コンサルタントや外資系企業の採用試験に出てくる「東京都内に信号機は何基あるか?」といったわけわからん問題に短時間で答えるのがフェルミ推定で、これを実際のビジネスにどう活かすのかが書いてあります。

フェルミ推定はわけわからんので、できれば近寄りたくないです。でもこの考え方がそんなに大事なら身につけたいわ、と。

1日30分「思考力」エクササイズ “本当の仕事力”をみがく1日30分「思考力」エクササイズ “本当の仕事力”をみがく
(2007/12/18)
秋山 ゆかり

商品詳細を見る


秋山さんの本にもフェルミ推定の項目があったので、両方読んで考えてみます。


記憶はコンピュータがしてくれるし、ネットで検索して玉石混合の情報を大量に得られるようになった今だからこそ、「考える力」ばやりなのでしょうね。

私も便乗してロジカルシンキング月間にしようと、ロジカル本を買い込みました。
よろしければ1ヶ月お付き合いください。


頭の中のメモ

個人的に考えた頭がよい人。妄想メモです。

・全体を見ることができる人。
・考えてから行動し、失敗してもすぐ修正していける人。
・それなりに稼いでいる人。

かなあ。せっかく生きているし、脳みそもあるので、ここに近づきたいと思う今日この頃です。





いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

- 2 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2008/01/28 (Mon) 12:59 | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2008/01/29 (Tue) 09:03 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。