スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本は10冊同時に読め!-生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである!」 成毛眞

本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
(2008/01/21)
成毛 眞

商品詳細を見る

元マイクロソフト社長、成毛さんの読書術。
成毛さんといえば読書家で有名です。ちょっぴり過激な読書論を展開されています。


目次

第1章 仕事も生活も劇的に変わる! 「速読」かつ「多読」の読書術
第2章 一生を楽しみつくす読書術 人生は、読書でもっともっと面白くなる!
第3章 「人生を楽しむ力」と「読書量」 忙しい人ほど本を読んでいる
第4章 まずは「同時に3冊」から! 実践!「超並列」読書術
第5章 「理屈抜きで楽しめる」読書案内 私はこんな本を読んできた!


のっけからこんな感じ。私こういうテイスト嫌いじゃないです。

『金持ち父さん 貧乏父さん』系の本を読んでいる人、こうすれば儲かるという投資本や、年収1500万円を稼げるといった本を読んでいる人は間違いなく「庶民」のままで終わるだろう。できる社員系の本を読んでいる人も同じである。

とビジネスハウツー書やできる社員系の本を読んでいる人をぶった切っています。

あっ、そんな人ここにいます。ちくちくと胸が痛い。

他人のノウハウを真似していては、一生「庶民」のままである。



おっ、なんだか耳まで痛くなってきたぞ。イタいってことは多分真実のうちの1つなのでしょう。

去年しこたまいわゆる「成功する本」を読んでみて、私が出した結論は、

・成功の定義は人によって違うので、個人の成功ノウハウはあんまり役に立たない。

・成功本商売は成功していない人をターゲットにしているため、本を読んだ人が成功してしまうと商売にならない。長く商売を続けられるということは(ちまたの自己啓発の歴史は長い)・・・成功本を読んで成功する人は少ない。

・いい気分になるので繰り返し読みたくなる。

の3点です。

最近は成功する本を何冊も探して読むより、仕事も含め専門的な勉強をしたり、楽しむための読書をする方が成功するんじゃないか、と考えるようになってきました。

そういった事を考えている自分にとっては成毛さんの強気理論も一理あるのではと思います。

残念な点は「ハウツー本は読まなくていい」と言っているのに、装丁や目次タイトルがモロハウツー本なところかな。あと少しあおり口調なので、その辺が。

本読みさんなら読んで「ふん、ふんそうだよね。」と共感すると同時に「おお、この人はこんな考え方をするのね。私はちょっと違うけどな。」と考えさせられること請け合いの書。そこが読書の醍醐味ですよね。

いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ










- 1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2008/01/31 (Thu) 17:35 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。