スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脳にいいこと」だけをやりなさい! マーシー・シャイモフ 




最近読んだ本どれもが、「ポジティブ」になることの大切さを説いています。

今日ご紹介するのもそんなポジティブでいるための方法が書かれた本です。

わたくし苦手な、スピリチュアル話もあるのですが、そこら辺を差し引いてもかなりためになる話が多かったです。

【 内容 】

○脳の中には”幸せ度”の目盛りがある。
人生に何が起ころうと、人は「一定の幸せ度」を維持しようとする。
幸せ度は「意識的に変えようとしなければ」いつまでも同じ値。

○世にはびこる「もっと神話」と「いつか神話」の落とし穴
本当の幸せは「もっと」素晴らしいものによって、「いつか」もたらされるものではない。
脳が幸せを感じられるのはだけ。

○脳機能にとって、マイナス思考は毒、プラス思考は良薬。マイナス思考を変える方法。

○何かの選択を迫られたときは、どちらの選択がより頭の中で明るさや広がりを感じさせてくれるかを考える。

○「夜十時ルール」のすごい効き目
睡眠の質は、家計状態や夫婦関係よりも、日々の幸福感に影響を与える。
気分が落ち込んだときには続けて三日間、夜十時までに眠る。

○脳は「相手の感情」を拾いやすい
ネガティブな感染を予防する方法
①相手と正反対の態度をとる
②見えない壁があると想像する
③相手の気持ちを変えようとか正そうなどと思わない

○大きな成功は、少しずつだが継続的な改善によってもたらされる


【頭の中のメモ】

ポジティブ=妄想、やけに明るい、といったイメージがあったのですが、最近本を読んで、「ポジティブって実は現実的な考え方なのでは。」とおもうようになりました。

現在のありのままの現実を受け止めて、自分の人生に責任を持つ、ってのがポジティブってことかしらと。

対してネガティブは、「責任は自分以外のところにある、本当の自分はこんなんじゃないわ」と逃避することでおきる感情、といった気がしてきました。

あやしい方法も混ぜられつつ、ネガティブ思考から抜け出すさまざまな方法が書いてあって、そこが具体的でいいです。

睡眠がお金より愛より大切だったとは!人間も動物なのですね。
眠れないとたしかにイライラします。



いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ







- 4 Comments

新刊・ベストセラーランキング:ビジネス書スクエア  

はじめまして

はじめまして、こんにちは。
>3日間、夜十時までに眠る
たしかに、効きそうですね。
でも、実践するとなると、なかなかむずかしいかもしれません。
いろいろと誘惑がありますから(笑)

2008/12/10 (Wed) 16:25 | REPLY |   

JIRO  

No title

こんばんは。

うん、うん、そうですね。
確かに相手を正そうとすると上手く行かないし
自分までは嫌な気分になりますね。

って、今日はそんな体験を家族に対し
身をもってしました。

だから今日から3日連続で10時までに寝ます(笑)

2008/12/10 (Wed) 21:15 | REPLY |   

あや  

ビジネス書スクエアさん

はじめまして、こんにちは。

最近12時前に寝るように心がけたら調子がいいです。
10時までに寝たら、効果ありそうです。

でも誘惑が多いですよね。
しなくちゃいけないこともたくさんありますし。

2008/12/15 (Mon) 05:42 | REPLY |   

あや  

JIROさん

こんにちは。

相手を正そうとすると、反発されますよね。
特に家族はもろに・・・。

でも言いたくなっちゃうのですよね。

2008/12/15 (Mon) 05:44 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。