スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金融広告を読め-どれが当たりで、どれがハズレか」 吉本佳生






今日は資産運用についての本です。

サブプライムローン爆弾を受けてから、全く口座の残高を見てないあやです。放置プレイだわ。

内容

新聞に載っていそうな金融広告がずらずらと出てきて、ここがこう変だ、損だ、と詳しく丁寧に解説してあります。

広告のほとんどはハズレ。でもごくたまーに、ましかなってのがある。

広告を出す目的は「ネギカモ」なお客とそうでないお客をわけることにある。


感想

新書にしては、値段が高く、分厚いんですが資産運用を考えている人にとって必読でしょう。

金融という商売は「心理学」なんですね、きっと。
「楽して儲けたい」という人間心理の研究に日夜励んでいらっしゃるようです。

私は自分で理解できないものに手を出さないようにしてますが、中には
難しいものほど儲かる、とか人のアドバイスの通りにしてたら儲かる、なんて思う方もいらっしゃるようです。

あと新聞広告を見て申し込むという人は、ネット環境が整っていないのかな、とも思います。
郵便局で投資信託を買う人なんかも。ネットで調べたら手数料が損だ、という情報であふれていますよね。

そもそも本物の「ネギカモ」な人はこういう本は読まないんだろうなあ・・・。

クイズみたいで面白かったです。金融広告を見るのが楽しみになりました。

いつも読んでくださってありがとうございます。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス<br />                      <!--
                        <rdf:RDF xmlns:rdf= -->

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。