スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一歩先のシゴト力」今のモヤモヤから抜け出したい人へ 小阪裕司





おはようございます、あやです。

今日はわくわく系マーケティングの小阪裕司さんの本のご紹介です。

HPを今日はじめて見ましたが、小阪さんは渋くてかっこよいですね。
著者の方のお顔を見て本を買うか買わないか判断する人もいるそうですが、それだと小阪さんは買いです。

帯のあなたの仕事力を衰えさせているのは、実はハウツーやテクニックといった「ビジネススキル」だった!を見て、即買いしました。

ビジネススキルを超える力、知りたいですよね。

目次

1 かぶく力
2 なりきる力
3 巻き込む力
4 掘り下げる力
5 やりはじめる力
6 断る力
7 描く力
8 期待させる力
9 ズレに気づく力
10 目の前のことをやる力
11 自分の物語を知る力
12 揺らがない力
13 常識を破る力
14 愉しく苦しむ力
15 積み重ねる力
16 アイディアを生む力
17 見えないものを見る力
18 立ち上がる力
19 他人を思う力
20 生まれと育ちの力
21 生きる力


内容

目次だけで、なんとなく想像できそう・・・ですか?

1つ1つのエピソードが面白くて、説得力があります。

小阪さんの経歴にも惹かれます。山口大学の人文学部美学専攻で、そのあと小売にお勤めされたそうです。美学って!?全然ビジネスと関係なさそうな分野ですね。スワヒリ語専攻のあやも勇気がでます。

この21の力の中で、ブログでとりあげたいなと思ったのが、9・ズレに気づく力です。

本田健さんの普通の人がこうして億万長者になった- 一代で冨を築いた人々の人生の知恵 を引き合いに出して、億万長者の世界観と年収一千万未満の人との世界観にズレがある-例えば億万長者はAとBとCが大切だと思ってるが、億万長者でない人はDとEとFが大切だと思っている。
このズレに気づかないと、永遠に目指す場所にたどり着けないかもしれない。見当違いの努力を重ねてしまうことにもなりかねない。

ここがとても印象的でした。

ズレは「観念」のなせる業→誰が教えたわけでもないが、人はいろいろなことを信じている。「観念」を通して物事をとらえ、考えるようになる。「観念」がおかしいとズレが生じる。

のだそうです。

このズレを修正する考え方についても書いてあります。

感想

一歩先のシゴト力=考える力、続ける力、行動する力なのかな、と私は捉えました。

知らなかった、知ってよかったと思ったのは、

9・ズレに気づく力
11・自分の物語を知る力
20・生まれと育ちの力    

です。自分の物語を知る力を読んで励まされました。

皆さんは何の力が気になりますか?

頭の中のメモ

人は思い込みで生きている。

ここに気づくことが大切。


いつも読んでくださってありがとうございます。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス<br /><br /><br />                      <!--
                        <rdf:RDF xmlns:rdf= -->

- 1 Comments

ひでへん@ちょいコガ マスター  

No title

あやさん
こんにちは(o^▽^o)ノひでへんです!

「一歩先のシゴト力」
私も大好きな本です~^-^
内容がよかったので、
この間、仲間4人にプレゼントしまた☆
タイムリー!!

そして、本田健さんも大好きなんですね。

ためになる記事ありがとうございます。

2007/09/29 (Sat) 15:27 | REPLY |   

Post a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動か
  • →マイクロソフト社という世界的に有名な会社が 世界のトップであり続けるために、世界中のエリートを集めています ..いや、実際は「集めている」というより、 「集まってくるエリートを、ふるいに落としている」 という表現の方が正しいかもしれません→本書は、その
  • 2007.09.28 (Fri) 21:34 | ITの厳選紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。