スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脳が冴える15の習慣-記憶・集中・思考力を高める」 築山節





おはようございます。あやです。最近いい本にたくさん出会えてうれしいです。

今回ご紹介するの本も知らなかったことが満載で、読んでよかった!今日から実践しよう!な一冊です。

脳の働きについて考えたこともなかったのですが、本を読んで、私たちの生活の大きな部分は脳が関係しているんだなあ・・・と改めて実感しました。

目次

習慣1 生活の原点をつくる
    脳を活性化させる朝の過ごし方・足・口・手をよく動かそう
習慣2 集中力を高める
    生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう
習慣3 睡眠の意義  
    夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう
習慣4 脳の持続力を高める
    家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう
習慣5 問題解決能力を高める
    自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう
習慣6 思考の整理
    忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう
習慣7 注意力を高める
    意識して目を動かそう。耳から情報を取ろう
習慣8 記憶力を高める
    「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう
習慣9 話す力を高める
    メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう
習慣10表現を豊かにする
    「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう
習慣11脳を健康に保つ食事
    脳のためにも適度な運動と「腹八分目」を心がけよう
習慣12脳の健康診断 
    定期的に画像診断を受け、脳の状態をチェックしよう
習慣13脳の自己管理
    「失敗ノート」を書こう。自分の批判者を大切にしよう
習慣14創造力を高める
    ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう。
習慣15意欲を高める。
    人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せよう



内容

○生活リズムを失うことは「ボケの入口」→起きる時間を一定に

○脳は基本的に怠け者→どこかに通う習慣を。学校なり会社なり自分以外の誰かに動かされる環境にいないと怠けてしまう。

○朝の大切さ

○脳の基礎体力は日常の雑務を片付けることで鍛えられる
 家事は「脳トレ」に最適

○睡眠中も脳は働いている

○目を動かさないと脳も働かない
 →パソコン、テレビなど一定のものばかりを見つめる生活を続けると脳の働きが衰える

○アウトプットの大切さ

○失敗は脳の警告→同じことを何回も失敗するのは脳の機能低下や悪い使い方をあらわしている


感想

脳の働きを知らないと怖い、損することが多い、そんな風に感じました。

それほど生活・仕事をする上で大切なことなんじゃないかと。

家事を工夫して行うことが前頭葉を鍛える、
同じ失敗を繰り返すのは脳がうまく働いていないから、
というのは初めて知りました。

家事を工夫してやっていく張り合いがでます。

朝は一定の時刻に起きる効用というのも精神論で言われると、「う~ん、でもねえ・・・休みの日はゆっくりしたい」と考えますが、脳の働きから説明されると、納得します。

日常生活のいろいろな出来事が脳の働きとつながっている。それをどう変えるとうまく脳がはたらくのかが、よくわかる一冊です。

頭の中のメモ

本を読んで実践していること

○朝起きたらすぐに部屋の片付けをする
 ストレッチをする
 →午前中脳が働きやすくするための習慣

○コーヒーは夕方以降飲まない
 →カフェインを飲むと脳は5~7時間興奮する

○朝起きてすぐに思いついたことをメモできるようにしておく
 →睡眠中も脳は動いていて、情報整理をしているから。
  朝いい案が浮かびやすい。

紹介されていたこちらの本もぜひ読みたいです。

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書) / 築山 節

サービスの達人たち―ヘップバーンを虜にした靴磨きからロールスロイスのセールスマンまで (新潮OH!文庫) / 野地 秩嘉



いつも読んでくださってありがとうございます。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス<br />                      <!--
                        <rdf:RDF xmlns:rdf= -->

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。