スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミリオネーゼのファッションルール」ジョン・T・モロイ





以前ご紹介した女性(あなた)の知らない7つのルール―男たちのビジネス社会で賢く生きる法 / エイドリアン メンデルの中に「ビジネスで成功する服」が存在すること、女性はその存在に気づいていない人が多いことを知りました。

そこで女性向けの「ビジネスで成功する服」というのが、どんなものか知りたくて、こちらの本を手に取りました。

自分は知らないことばかりだったので、すでに働いている女性もこれから働く人も知っておいて損はない情報です。

働くパートナーをお持ちの男性もぜひ。見た目は大切だそうだよ、ってこっそり教えたってください。服装で損するなんてもったいない!

目次

chapter1 ビジネスファッション 失敗のルール
chapter2  ジャケットのルール
chapter3 スーツのルール
chapter4 ワンピースのルール
chapter5 その他のファッションアイテムのルール
chapter6 カジュアルなビジネスウェアのルール
chapter7 職業別 ファッションルール


内容

○ビジネスで成功する服装をどうやって選べばよいか

○「ビジネスで成功する服」を着ていれば成功が約束されるわけではないが、逆にビジネスに不適格な服装はほとんどの場合失敗につながる。
→男性は服装に無頓着でも出世できるが、女性の場合幹部候補からはずされる。これが現実

○ビジネスで許容される服装の幅が広がったと同時に、間違いを犯す機械も一気に増えた→男性は正しい服装をするのにたいした技術はいらないが、女性は選択肢が広すぎて間違いを犯しやすい。

○多くの女性がビジネスで失敗する服を着ている→男性管理職は服装について女性に注意するのが怖いし、女性管理職は服装のことを言うことは自分の仕事でないと思っているから。

○職業や地位によって適切な服装は異なる

○グレーのジャケットを着てはいけない理由

○女性がはまるビジネスファッション 8つの罠

○場面ごとの適切な服装、効果的な色

感想

アメリカのルールなので、色やスーツの形など少しわかりにくいところもあるのですが、私はすごく参考になりました。

ファッション誌のおしゃれOLな服装をしているとそれだけで不利になる可能性があるんですね。

同性から見たおしゃれが必ずしも異性には好ましく映らないこと。

男性はビジネス向けの服装かそうでないか、という2つの基準しかもっていないこと。

チームワークのユニフォームとしてのビジネスファッションがあること。

こういったことをこの本から知ることができます。

スーツでお勤めの人はもちろん、カジュアルな服装で勤めている人への注意点も書いてあるので、そういった職場にお勤めの人にもおすすめです。カジュアルな服装の職場こそ気をつけないといけないそうです。
どきっ。

頭の中のメモ

男性は決まった形があるのでいいなあ。

人は思った以上に見た目重視。

色についていろいろ知れておもしろい。


いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス<br />                      <!--
                        <rdf:RDF xmlns:rdf= -->

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。