スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フリーエージェント社会の到来」 ダニエル・ピンク




おはようございます。
今日ご紹介するのはレバレッジ・リーディング で知った、ダニエル・ピンク「フリーエージェント社会の到来」です。著者のHPはこちら

著者が書かれたほかの本では、





こちらの方を書店でよく見かけます。大前研一さんの本じゃなかったのですね!

アメリカ社会で増えてきた「フリーエージェント」な人々を調査し、その実態を書いた本です。
日本でもこれから増えてくる働き方なのでは、と興味深く読みました。

目次

第Ⅰ部  フリーエージェント時代の幕開け
第1章  組織人間時代の終わり
第2章  三三〇〇万人のフリーエージェントたち
第3章  デジタルマルクス主義の登場

第Ⅱ部  働き方の新たな常識
第4章  新しい労働倫理
第5章  仕事のポートフォリオと分散投資
第6章  仕事と時間の曖昧な関係

第Ⅲ部  組織に縛られない生き方
第7章  人と人との新しい結びつき
第8章  互恵的な他利主義
第9章  オフィスに代わる「第三の場所」
第10章 仲介業者、エージェント、コーチ
第11章 「自分サイズ」のライフスタイル
第12章 古い制度と現実のギャップ
第13章 万年臨時社員と新しい労働運動

第Ⅳ部  未来の社会はこう変わる
第14章 リタイヤからeリタイヤへ
第15章 テーラーメード主義の教育
第16章 生活空間と仕事場の緩やかな融合
第17章 個人が株式を発行する
第18章 ジャストインタイム政治
第19章 ビジネス、キャリア、コミュニティの未来像


内容 

○アメリカには三三〇〇万人(アメリカ労働人口の4分の1)の「フリーエージェント」がいる) 

○フリーエージェントには3つのタイプがある
1、フリーランス→特定の組織に雇われずに様々なプロジェクトを渡り歩いて自分のサービスを売る。
2、臨時社員→「意図せざるフリーエージェント」の場合が多い。中には専門的な技術や知識をうりに高収入な人も。
3、ミニ起業家→インターネットを使った小規模ビジネス。家庭のガレージ、一室からスタートすることが多い。

○フリーエージェントの働き方を後押しする経済的インフラが整備されてきた。→コピー店、コーヒーショップ、書店、エグゼクティブスイート、インターネット、私書箱センター、宅配便の翌日配送サービスなど。低価格でPCが買えるようになったことも大きな要因。

○家庭と仕事の「両立」よりも、もっと境界のない「ブレンド」という動きもある。

○今のところ男性フリーエージェントの方が多いが、女性フリーエージェントの増加率は男性の2倍。フリーエージェントで仕事をしていくためには、ヨコのつながりが重要で、女性はそうした関係を築くことが上手。

感想

「フリーエージェント=1人で孤独に仕事をする」というイメージとは正反対で、組織で働くときよりも、もっと積極的に人と関わる世界だそうです。

インターネットのおかげで以前よりもっといろいろな可能性が広がってきている。

組織で働くと自分で付き合う人は選べないけれど、フリーエージェントであれば付き合う人を自分で選べる。この言葉がぐっときました。

頭の中のメモ

スタバなどで仕事をするフリーランスの人は多いよう。

エグゼクティブスイートという個人レンタルオフィスや受付、会議室、私書箱サービス、秘書サービスなどを提供するサービスも充実しているそうです。代表的なものとしてあげられていたHQグローバルを見てみましたが、いろいろなサポートが受けられそう。

yahooでエグゼクティブスイートで検索すると、ホテルのスイートルームのご案内が出てきちゃいました。

バーチャルオフィスで検索するといろいろありそうです。

いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。