スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK」 ムギ畑




勝間和代さんの主宰されているワーキングマザー&その予備軍のサイト
ムギ畑の「ハッピー・ワーキングマザーBOOK」を読みました。

ワーキングマザーの本音が満載で、働くうえで参考になることも多く、皆同じようなことで悩み、それをどう克服したか、など読み応えありな一冊です。

女性向けのサイトはいろいろありますが、ワーキングマザーVS専業主婦みたいな討論になることもあり、萎えてしまうことも。

その点「ムギ畑」はそもそもそういう論争がないのでわりと気が楽です。

あやは働く働かないは趣味嗜好の一種だと思っていて、「ビッグカツ(ワーキングマザー)が好き?」それとも「ポテトチップス(専業主婦)が好き?」みたいなもんかな、と捉えています。

そこに本当はビッグカツがいいんだけど、周囲の状況を考えてポテチを食べてる人や、本当はポテチが食べたいけれどビッグカツを食べてる人がいたりで、いろいろごっちゃになって論争になるのかな。

生き方は人それぞれだから何でもいいじゃん、と思うのですが。

そもそもビックカツやポテチ以外のものを食べている人も多くいらっしゃいますしね。

その上「子どもを早くから預けるとかわいそう。」のような真剣なボクシングの最中に空中元彌チョップ、といったわけわからん攻撃もくわわったりしてねえ。
チョップが身内から繰り出されることもしばしばですし・・・。
そんな攻撃から身をかわす方法も書いてありますよ。



目次

はじめに 仲間はこんなにたくさんいます
第一部  ワーキングマザーの本音と実状
第二部  ワーキングマザーの知恵袋
終わりに これからワーキングマザーになるあなたに


内容

○ワーキングマザーになる前に働く場所、仕事を選ぼう

○ワーキングマザーが働きやすい業界

○産休・育休の過ごし方

○泊りがけの出張や研修の場合、どうやって乗り切った?

○パートナーとの関係

○職場でのコミュニケーション

○子どもが病気をしたときの対応

感想

働いていても、専業主婦をしていてもずっと同じ環境だと視野が狭くなることがあると思うのですが、この本を読んでいるとさすが4000人の声を聞いたことはあって、幅広くいろんな意見を知ることができました。

例えば、泊りがけの出張や研修なんてハナから無理、とあやは思い込んでいたのですが、いろいろ工夫すれば何とかなるんだなあ、と知りました。

子どもを持ちながら働くのは大変、という現状をなげいてばかりでなく、どうやったら働けるか、すごく工夫して知恵を絞ってみなさん働いているんだなあ、と感じて勇気をもらいました。

頭の中のメモ

駄菓子の話みたいになっちゃった。


いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
















- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。