スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「成功はどこからやってくるのか?-「成功法則」の取扱説明書」 岡本 吏郎

成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~ 成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
岡本 吏郎 (2004/11/20)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る


先日岡本吏郎さんの「稼ぐ超思考法」を読んだのですが、岡本さんの本を初めて読んだので、その独特の考えがいまいち理解ができず・・・過去記事はこちら

カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~ カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~
岡本 吏郎 (2007/11/07)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る


けれどもわからないままにしておくのは惜しいような、なんだか気になるものの見方だったので、「成功はどこからやってくるのか?」も読んでみました。

岡本さんによるとこの本は「読者の成功を本当に願って書いた初めての成功本」だそうです。

「成功本」のほとんどが同じような内容であるのはなぜか?
成功の本質は同じだから皆同じことが書かれているのだろうか?

そんな疑問をもたれたことがある方はぜひ手にとってみると、新たに思うことがあるかも、な一冊です。

目次

A 成功法則で成功できない本当の理由
第1章 常識で考えてみる
第2章 ノウハウを求める底の浅さ
第3章 生命から考える
第4章 まずはマイナスをゼロに戻そう

B 「偶然を待つ力」が人生を変える!
第5章 偶然を待つ力
第6章 ジャパニーズ・ノウハウは地味だが強力
第7章 同質化という引力
第8章 一番大切なこと・・・
第9章 「空間」ということ
おわりに


内容

○無理にプラス思考をしようとすると、副作用が出る

○何かの話を利用して儲けようとするのが資本主義

○「成功法則」を実行する前にもっとすることがある

○見る前からやる前から批判するのは、一番悪い態度だが、何かに「依存」しすぎるのもいけない

○「なぜ幸せな人はいつも幸せで、不幸な人はいつも不幸なのか?」

○無意識くんの性格について

○偶然を待つ力を持つには?

○「空間」や「環境」について。人は環境に支配されるもの

感想

著者さんには独自の哲学がおありです。

いきなり「稼ぐ超思考法」を読んでも、ぜんぜんピンとこなくて、こちらの本を読んだら、その哲学がちょぴっと理解できました。

「稼ぐ思考法」の中に、プラス思考なんてお笑いみたいなものとさくっと書いてあったのですが、なぜそう思うのか、やっと理解できました。

世のビジネス書は、一冊読むとすぐに理解できるものもあれば、同じ方の本を他にも読まないと理解できないものとに分かれるのでしょうかね。

セス・ゴーディンさんのこの本も、最初は意味がよくわからなかったけれど、他の著作を読んだらちょぴっと理解できました。
ちょぴっとってところが悲しい。おつむをもっと働かせないとですねぇ。

ダメなら、さっさとやめなさい! ~No.1になるための成功法則~ ダメなら、さっさとやめなさい! ~No.1になるための成功法則~
セス・ゴーディン/神田昌典:解説 (2007/08/30)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る


頭の中のメモ

可能性のほうが大事。

未来があると思うから楽しい。

ふむふむ。あやは結構楽しいです。

成功本を読むのも未来が明るいと思うからですよね。

あっ、でもそれが資本主義の歯車に・・・。

楽しいからまあいっかあ。


いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ





- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。