スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビジネスマンのための「発見力」養成講座-こうすれば、見えないものが見えてくる」 小宮一慶

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 ビジネスマンのための「発見力」養成講座
小宮 一慶 (2007/09/13)
ディスカヴァー・トゥエンティワン

この商品の詳細を見る


書店で手にとって、ぱらぱらとめくり、「はじめに」を読んで引き込まれたので購入。著者は経営コンサルタントの小宮一慶さんです。テレビでお見かけしたことがあるような。

セブンイレブンのロゴが「7-ELEVEn」と、最後がnで、小文字なのをご存知でしたか?

いいえ、知りませんでした。毎日のように見ているけれど、見えていないものだなあ・・・。

人は何万回見ても、見えないものは見えない。のだそうです。
確かに!同じものを見ても、人によって見ているところはそれぞれですし、目で見ても脳は見ていなかったりするのかも。

「新幹線の改札機から出てくる切符、特急券と乗車券、どっちが上?」
「ロレックスをしている社長は儲かっているのか?」
「拡大している介護市場より、少子化の塾市場のほうが儲かっている理由は?」
「日経新聞のどこをよんだらよいのか?」

など興味深い「発見」の話だらけです。

目次

はじめに 発見力=ものが見える力
第1章 見えているようで、何も見えていない
第2章 関心と仮説でものが見える
第3章 たとえば、こんなふうに見えてくる!
第4章 見える力を養う方法
第5章 ものが見える10の小さなヒント

内容

○なぜ小宮さんはよくお金を拾うのか?
1、気にしていると、ものは見える
2、思い込みがあると、ものは見えない。

○ものが見えるステップの最初は関心を持つこと

○正しい仮説をたてるためには?

○小宮流よい会社の見分け方・儲かっているレストランの見分け方など

○見える力を養うには、ほかの人より少し余計に勉強することが必要

○新聞の読み方・月曜日の日経新聞の読み方

○ものが見える人は幸せになれる

感想

見ているようで見えていないんだな、というのが率直な感想。

今日は月曜ですが、「日経新聞・月曜日にみるところ」の話がとても勉強になりました。

日経新聞、読むところが社会面と週刊誌の宣伝だけ、なんていうあほな日も。

「もったいないなあ、でも読んでもよくわからないなあ」なんて感じていたのですが、小宮さんの方法なら私でも読めそう。

ビジネスの場面だけでなく、日常生活でも「見える力」は必要かと。

例えば駅のホームの非常ボタンがどこにあるか、とか電車のトイレの非常ボタンがどこにあるか、に気づく人がいれば防げた事件もよくありますよね。

「見える力」はビジネスでも日常生活でも自分を助けれくれるものだとおもいます。

頭の中のメモ

子どもの習い事のはやり

スイミング・英語・塾。

あやはいろんな地域に住んできましたが、どこでもスイミングは大人気。
東京でもなにわでも地方でもです。
「きれいな施設」限定ですけれど。

水泳が流行っているのは、習い事でもしないと身体を動かす機会がない、バスがあって送り迎えしなくていい、みんなが行くから行きたがる、母親同士がギャラリーで集える、などの理由からかなあ、とおもっていますがどうかしら。

母親同士がギャラリーで集えるってのが結構みそだとおもうのです。

ギャラリーが快適なところほど、はやっているような気がします。

いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




- 2 Comments

LuckyUS@フォトリーダー  

No title

あやさん、こんにちは。

僕もこの本読んだのですが、まさに見ているようで認識はしてなかったなぁと痛感しました。視点と意識の大切さを学ばせてもらった本でした。

2007/11/27 (Tue) 14:29 | REPLY |   

あや@ビジネス書多読メモ  

LuckyUSさんへ

こんにちは。

ブログいつも拝見させていただいているので、
知らず知らずのうちにこの本を手にとったのかもしれません。

「ザ・シールレット」はLuckyUSさんの記事を読んで、
面白そうだったので購入しました!

本選びの参考にさせていただいています。


2007/11/28 (Wed) 09:34 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。